▶HOME

沿革

昭和29(1954)年  月刊誌『青少年問題』発行
昭和31(1956)年  『青少年児童白書』発行
昭和32(1957)年  『青少年白書』(現在の『子ども・若者白書』の前身)発行
昭和33(1958)年  財団法人の認可を受ける
昭和37(1962)年  『非行少年-その保護と矯正-』編集・発行
昭和39(1964)年  『少年補導委員手帳』編集・発行(訂正を重ね現在に至る)
昭和41(1966)年  『私たちも強く生きよう-職場に働く精薄児-』編集・発行
       (今日では使用の不適切な名称が用いられています。引用の際はご注意
       下さい。)
昭和42(1967)年  『世界の文学にあらわれた児童観』編集・発行
昭和44(1969)年  『青少年問題小事典』(初版~再販)編集・発行
昭和48(1973)年  『青少年指導者入門』(初版~改訂増補5版)編集・発行
昭和53(1978)年  『青少年指導者の手引き』(初版~改訂版)編集・発行
昭和54(1979)年  『青少年問題用語小事典』編集
昭和55(1980)年  『青少年指導者必携』(初版~改訂5版)編集・発行
平成4 (1992)年  『都道府県青少年保護育成条例集』発行
平成16(2004)年  月刊誌『青少年問題』通巻600号を編集・発行
平成17(2005)年  「がんばれ! 日本の子どもたち」国民大会を開催(3月19日)
平成17(2005)年  財団事務所を西神田から猿楽町に移す(10月1日)
平成18(2006)年  月刊誌『青少年問題』から季刊誌『青少年問題』となる
平成24(2012)年  一般財団法人 青少年問題研究会となる(4月1日)
平成24(2012)年  『戦後日本青少年問題考』(矢島正見著)編集・発行
平成25(2013)年  『【改訂版】戦後日本青少年問題考』(矢島正見著)編集・発行


歴代理事長

初代    増谷 達之輔   (ますたに たつのすけ)      1958年~1975年
二代    瀧本 邦彦    (たきもと くにひこ)       1975年~1988年
三代    麦島 文夫    (むぎしま ふみお)        1988年~2001年 
四代    矢島 正見    (やじま まさみ)         2001年~ 

(左)現理事長:矢島正見 (右)前理事長:麦島文夫