▶HOME

当会では新型コロナウイルス感染予防対策のため、テレワークを実施しています。
電話での対応は行っておりませんので、ご用件のある方はメールにてご連絡ください。
詳細は下記のページをご確認ください。ご理解ご協力をお願いいたします。
新型コロナウイルス対策のためのテレワーク実施のお知らせ


最終号

【第68巻 681号 新年号(2021年1月1日発売)】
  681top
【目次】
●巻頭論文 青少年と青少年問題に関しての若干の雑考 (矢島正見)

第1特集 青少年問題論考―『青少年問題』67年間の総括として

▶特集論文
・「青少年問題」・少年法と私 (岩井宜子)
・若者の主体性の湧出 (樋田大二郎)
・ふたたび「ウサギとカメの話」 (岡本吉生)
・「時空間計量犯罪学」から「予防犯罪学」へ―一人の『青少年問題』投稿者の「あのころ」と「今」 (原田豊)
・少年非行の動向と対応を改めて考える (小林寿一)
・社会問題のカテゴリーとしての「青少年問題」 (山本功)
・少年司法と刑事司法の関係 (渡邊一弘)


第2特集 『青少年問題』を超えて―また逢う日まで

▶特集論文
・犯罪学哲学序章―Positive Criminologyを題材に (上田光明)
・日本における自己申告法による非行測定の現状と課題 (岡邊健)
・『青少年問題』の歴史社会学的な史料的価値と今後の評価 (作田誠一郎)
・複雑化し変容する社会病理集団の実態 (廣末登)
・司法領域における支援専門職の役割形成 (相良翔)


『青少年問題』第67巻 主要記事一覧 (編集部)

〈編集委員からのひと言〉廃刊の辞 (矢島正見)